HOME>アーカイブ>糖尿病の治療はまずは食習慣の改善からスタートする

糖尿病の治療にはどんなものがある?

食事療法や運動指導から始めて改善が見られない場合は、投薬治療に進みます。インスリンの分泌量が低下するとインスリン注射を必要とすることもあります。

糖尿病の食事のポイント

  • ゆっくりよくかんで食べ少量で満腹感を得る。
  • 一日の適正エネルギー量を超えないようにする。
  • 一日三食食べ、空腹の時間を短くする。
  • 塩分を控えて水分のコントロールをしやすくする。
  • 栄養バランスのいい食事を心がける
  • 食物繊維を多く含む食品を積極的に摂取する。
  • 脂質をとりすぎないようにし、とる際は良質のものにする。
  • 間食を控えてカロリーコントロールをしやすくする。
  • アルコールを控えてカロリーオーバーを防ぐ。
  • ミネラルやビタミンを多く含む食品を食べる。

専門的な病院に行くのが大切

医者と患者

生活習慣が乱れていると病気になってしまうことがありますが、糖尿病になると大変なことになります。糖尿病は自覚症状がない状態で症状が進行していくので、早めに病院で検査を受けておかないと合併症で取り返しのつかない状態になる可能性があります。そのため病院を利用する必要がありますが、糖尿病になっているのかが分からない場合は大きめの病院で検査をすれば、実際に発症しているのかを把握できる筈です。仮に糖尿病になっていることが判明した場合は、専門的に治療ができる病院を探して通院しないといけません。専門的に生活習慣病を幅広く対応している病院があるので、そのような病院を利用することで安心して治療を進めていくことができます。

食生活などの指導が必要になる

医者と患者

糖尿病を治療するときに薬を飲めば治るようなイメージもあるかもしれませんが、実際には生活習慣を改善しないと症状が改善されない可能性があります。そのため糖尿病になっている場合は、早めに専門の病院で食生活の改善などのサポートを受けて、治療を進めていかないといけないです。

広告募集中